読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月17日(土)⑤遠野祭り(岩手県遠野)

遠野祭りは岩手県遠野で毎年9月の第3週の土日に行われる遠野八幡宮の例祭です。鎌倉時代より1000年以上の歴史があり、遠野の一年で一番大きなお祭りと言われいています。詳しい歴史については調べてもあまり情報がなかったので割愛します...。

遠野は民話のふるさとであるとともに流鏑馬(やぶさめ)や南部ばやし、神楽など多くの郷土芸能を有しており、今回の遠野祭りでは2日間に渡って遠野に伝わる様々な郷土芸能がおよそ60団体、4000人の人々によって披露されます。

 

16日の夜、直行の夜行バスより東京を出発し、翌朝早朝に遠野に到着しました。駅前の町や遠くにそびえる山々は朝霧に包まれ、これぞ遠野だという雰囲気でした。

f:id:kontei:20161113145426j:plain

 

前回は気づきませんでしたが駅前交番は河童の顔になっています。

f:id:kontei:20161113145726j:plain

 

開始時刻までかなり時間があったので、どこかで時間を潰そうと歩いている途中、突然見知らぬおじさんに声をかけられました。最初は人違いかと思いましたがどうやらカメラを持っていたので観光客だと思い声をかけたらしく、今回のお祭りに来た理由など色々と尋ねられました。

その方は以前は東京で仕事をされていて僕の現在住んでいる国分寺から二駅離れた国立に住んでおられたそうで遠野に来てもう30年ほどになり現在はカメラなどの撮影機の関連の仕事をされているそうです(それもあって声をかけたとも)。今回遠野祭りの取材に来た旨を話すとお祭りについて色々教えてくれました。昼頃に「蔵の道広場」というところにいるからまた話そうと言われ昼頃行きましたがいなかったのでそれっきりですがとても好奇心旺盛で親切な方でした。

 

夜行バスであまり眠れなかったため町から少し離れた河原で仮眠を取っていると9時頃に囃子の音が聞こえてきてそれで目が覚めました。町の方に向かうとまだ始まってはいませんでしたが軒先きや沿道で踊りの練習をしている人達を見かけることができました。

f:id:kontei:20161113215637j:plain

 

開始時刻が近づくに連れ沿道に徐々に人が集まりだしてきました。

f:id:kontei:20161113223139j:plain

f:id:kontei:20161114014112j:plain

 

演目は神輿、神楽、手踊り、しし踊りの主に大別され一つにおよそ5~6団体が参加し一日市通り、駅前通りをパレード形式で練り歩きながら披露します。郷土芸能パレードは南部ばやしの演目は締められ、その後は獅子踊り大群舞や郷土芸能共演会などがあります。名物の流鏑馬は次の日の18日遠野八幡宮の境内で行われるようで見たかったのですが私は次の日は北海道にいるため今日だけの参加になります。

 

市場の挨拶でパレードは幕を開けます。

f:id:kontei:20161114014144j:plain

 

遠野物語にも登場する天狗が先陣を切ります。

f:id:kontei:20161114034744j:plain

f:id:kontei:20161114034807j:plain

 

最初の演目の神輿が往来します。

f:id:kontei:20161114034824j:plain

f:id:kontei:20161114044046j:plain

 

神楽、手踊りのパレードです。羽織物が色鮮やかで美しいです。

f:id:kontei:20161114041516j:plain

f:id:kontei:20161114041527j:plain

f:id:kontei:20161114041601j:plain

f:id:kontei:20161114044014j:plain

f:id:kontei:20161114041757j:plain

 

しし踊りの演目です。

f:id:kontei:20161114041617j:plain

 

パレードが一通り終わり駅前に戻ってみるといたるところで郷土芸能が披露されていました。

f:id:kontei:20161114043155j:plain

f:id:kontei:20161114043212j:plain

 子供の河童がいました。

f:id:kontei:20161114043230j:plain

 

16時前頃よりパレードの後の郷土芸能共演会の演目が始まりました。

f:id:kontei:20161114041845j:plain

f:id:kontei:20161114043352j:plain

f:id:kontei:20161114041855j:plain

f:id:kontei:20161114041931j:plain

f:id:kontei:20161114043425j:plain

f:id:kontei:20161114041908j:plain

 

外国人の見物人もたくさんいました。

f:id:kontei:20161114043411j:plain

 

夕方頃においとまする予定でしたが、色々回っていたら結局今晩の宿泊先の青森までの最終電車の時間までいてしまいました。蔵の道ひろばというところの伝統的な神楽の共演を幾つか見た後、駅前通りの神輿をちょっとだけ見て遠野を後にしました。やはり遠野は遠野物語のゆかりの地であるととものに町民の方々もそれを大事にしていることが今回の遠野祭りではっきり実感することができましたし、すべては見切れませんでしたが数多く受け継がれる芸能の数々から「永遠の日本のふるさと」であることも納得できました。次回は二日目の流鏑馬も見たいですね。

 

 

f:id:kontei:20161114041943j:plain